シミ消す対策を丁寧におこない、いつまでも透明な美肌を守りましょう!

2016年05月19日

シミ消し対策に必要なUVケアのポイント

アラフォーの女性の肌のお悩みで
常に上位にランクインしているのが「シミ + 紫外線対策」。

出来てしまったシミをどうしたら消せるか、
真剣に悩んでいる方も多いですが、まだシミがあまりない状態なら
シミ消しが必要な肌になってしまう前に、
見た目年齢を上げ
老け顔の原因となってしまう紫外線の影響から肌を守るのが大前提。

“大人のシミ対策”は本気で取り組まないとシミからは逃れられません。


まず使って欲しいのは日焼け止め。
日焼け止めを選ぶ基準は、一にも二にも、肌に優しく負担にならないこと。

ファンデーションとの相性も大事です。
相性が悪いと化粧崩れの元となり、気分もユウウツになってしまいます。


日焼け止めの種類は
デイリー使いには乳液タイプ、
外出時には下地効果のあるティントタイプを使い分けましょう。

さらに太陽の下にさらけ出される日焼けしやすい手の甲にも
ハンドクリーム感覚で使える日焼け止めを
常に塗っておきます。


紫外線はUV-A、UV-Bに関わらず 一年中私たちに降り注いでいます。

冬の寒い日や、曇りの日は日射量が少ないだろうと
日焼け止めを塗らないのは全くのNG。
曇りの日も晴れの日の半分以上の紫外線が注がれています。


ところで日焼け止めにはSPF、PAと表示されていますよね。
SPF+++や、PA++などと
+の数で効果の高さを示されています。

SPFは屋外での日焼けの主な原因となる
UV-B(B紫外線)を防ぐ効果を表す数値です。

この数値が高いほど、
肌が赤く炎症を起こすのを防ぐ効果が高いといえます。

PAの方は雲やガラスを通過して
肌の奥、真皮まで到達するUV-A(A紫外線)を防ぐ効果を表す目安です。

+が多いほど、肌の黒化や、弾力を失わせることを防ぐことができます。
PAは今のところ4段階に区別されていますので、
日やけ止めを選ぶときの目安にしましょう。




posted by シミ消し対策のプロ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | シミ消し 対策 UVコスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。